おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

政治経済

山本幸三地方創生相の経歴や息子について!インサイダー取引も気になる

山本幸三地方創生担当相が、

「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」

と述べたことが大きく話題になっています。

そして、その後の取材に対して、発言の意図を聞かれて、

「(学芸員を)全部首にしろというのは言い過ぎだが、(観光マインドを)理解していなかったら代わってもらうという気持ちでやらないとできない」

と釈明をしています。

これは政治家として、失言ですよね。

でも、どうしてこんな発言をしてしまったのか?

山本幸三地方創生相の経歴を探るとみえてくるかもしれません。
また息子さんのこと、そしてさらに気になる、山本幸三地方創生相のインサイダー取引というキーワードをご紹介します。

それでは、どうぞ!


スポンサーリンク



山本幸三地方創生相の経歴や息子について!

山本幸三地方創生相の経歴はかなりすごいものがあります。
エリートの中のエリートですね。

しかも官僚出身ですから、エリートの道をまっすぐに進んできた印象です。

ですので、ものすごい量の肩書きや経歴がありますので、かいつまんで主だったところを紹介します。


引用元:山本幸三事務所

生年月日:1948年8月8日(68歳)
出生地:福岡県門司市(現北九州市門司区)
出身校 :東京大学経済学部、コーネル大学経営大学院
前職:国家公務員(大蔵省)
称号 経済学士(東京大学)、MBA(コーネル大学)

政治家としては、各政党を渡り歩いています。

所属政党:(自由民主党→新生党→新進党→無所属→自由民主党(岸田派)

また、親族も政治家の方が多いようですね。

義父:村山達雄(元大蔵大臣)
叔父:柳田桃太郎(元参議院議員)

ということで、山本幸三地方創生相の経歴でした。

ところで、息子さんはいるのでしょうか?

まず、山本幸三地方創生相には奥様がいます。
名前は、山本寛子さんです。

寛子さんのお父さんは、厚生大臣や大蔵大臣を担当した元衆議院議員の村山達郎さんです。

山本幸三地方創生相からすると義父に当たる方ですね。

また、お子さんは山本太蔵さんという息子さんがいらっしゃいますね。

こちらの息子さんですが、どうやら情報がほとんどなく、もしかしたら政治には絡んでないのかもしれません。
年齢も不明で、現在、45~50歳位かといわれています。

息子さんの名前ですが、蔵の文字が入っていますよね。

山本幸三地方創生相は、過去に宮沢喜一大蔵大臣の秘書をしたこともあり、また義父が大蔵大臣であったり、山本幸三地方創生相が税務署長などを経験していることから、お子さんに蔵の文字をつかった名前にしたのですかね?

さて、そんな山本幸三地方創生相ですが、インサイダー取引で疑われたことがありました。

それは、いったい・・・。


スポンサーリンク



山本幸三地方創生相のインサイダー取引とは?

2012年の予算委員会で行った質疑が発端です。

内容がウィキペディアにありましたので、引用します。

2012年3月5日の衆議院予算委員会において、自見庄三郎金融担当大臣(当時)に対し、証券取引等監視委員会による強制捜査の手法を批判する趣旨の質疑を行った。

その前年9月、山本が代表取締役を務める「ブルー・エコノミー・ホールディングス」に5千万円の資金を提供していた金融業者、及び日興コーディアル証券の元執行役員がインサイダー容疑で証券取引等監視委員会の強制捜査を受け、その3ヶ月後に逮捕されており、

山本の国会質問に対して「私的な利害関係者のために国会の場で質問した」「証券取引等監視委員会への圧力ではないか」等の指摘が週刊文春による報道でなされたが、山本自身は圧力をかける意図については否定した

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%B9%B8%E4%B8%89

ということです。

まぁ~ちょっとタイミングよく、きわどい内容の質問を国会の予算委員会でしてしまったんでしょうね。本人は否定していますが、タイミング的に疑われても仕方がないかと思います。

以上、
「山本幸三地方創生相の経歴や息子について!インサイダー取引も気になる」
についての記事でした。

最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。


スポンサーリンク



-政治経済
-, , ,