おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

高校野球

木更津総合の早川選手の出身中学はどこ?プロ注目のドラフト候補

木更津総合がベスト8進出が決定し、準々決勝では同じ関東の作新学院と対戦です。

木更津総合といえば、早川選手ですね。
プロ注目のドラフト候補と噂されれば、やっぱりその早川選手が気になる人もいるのではないでしょうか?
どんな活躍をするのか?優勝に貢献する活躍が期待できるのではないか?

ということで、
「木更津総合の早川選手の出身中学はどこ?プロ注目のドラフト候補」と題して、
記事をご紹介します。


スポンサーリンク



木更津総合の早川選手の出身中学はどこ?

木更津総合 早川選手
引用:週間ベースボールOnline

早川投手のプロフィール


生年月日:1998年7月6日
出身地:千葉県横芝光町
身長:178cm
体重:72kg
学歴:横芝中学校出身

現在所属の高校:木更津総合高等学校

ポジション:投手
投打:左/左

ということで、木更津総合の早川投手は、千葉県横芝光町の横芝光町立横芝中学校が出身中学なんですね。

ずっと千葉県を地元としている地元の選手だったんですね。

簡単に経歴もご紹介

早川投手は最速142kmの速球を投げる左腕です。いわゆるサウスポーってやつですね。
直球でドンドン押していくというよりは巧みな投球術で相手を抑えるタイプです。

巧みな投球術で相手をおさえるのが上手なようで、天才肌のピッチャーです。
直球でごり押し三振のような豪腕を振るうようなタイプではありません。

そして、ここぞという時に切れのいい直球も出せるのが特徴。
全国屈指の打者でもなかなか攻略できないのが現状のようです。
そんな巧みな投手の早川選手をプロも見逃すはずはなく、ドラフト候補としても有力視されています。

木更津総合の五島卓道監督はこのように早川選手を評価しています。

「非常に頭がいい。自分に何が足りないのか、そのために何をやればいいのかがわかっている選手」

研究熱心で、プロ野球の憧れの選手から、投球術や心構えなどを自ら学び、自分の野球に取り込んでいます。

広島カープの前田健太投手のフォームを何度も動画でチェックしたり、「普段は悲観的に考え、マウンドに上がる時は楽観的に考える」という元巨人軍エースの桑田真澄投手の考えも取り入れれたりと上昇志向です。


スポンサーリンク



木更津総合の早川選手がプロ注目のドラフト候補として急上昇

制球の面では、まだまだ甘いところがあるといわれてきましたが、今回の夏の甲子園大会では、その制球面も以前より良くなっているようです。

現に今回の夏の甲子園大会では、広島新庄を散発3安打に封じ2試合連続完封をしました。

こういった成長が目に見えてわかる選手は、やっぱりプロも注目をするんですね。

現在のところ、巨人、阪神、中日、ロッテが関心をもっているようです。
ドラフトで上位指名を得ることができるかはわかりませんが、今回の夏の甲子園大会の結果次第では、上位指名候補として名を連ねることがあるかもしれません。

今度のドラフト会議が楽しみです。

まとめ

木更津総合の早川選手の出身中学は千葉県横芝光町の横芝中学校でした。
また今回の夏の甲子園大会では、プロ注目のドラフト候補選手です。

木更津総合がベスト8進出が決定し、準々決勝では同じ関東の作新学院と対戦しますが、そのまま決勝戦までいったら、サウスポー投手として好評価になりそうですね。

ということで、

「木更津総合の早川選手の出身中学はどこ?プロ注目のドラフト候補」

についての記事でした。

最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。


スポンサーリンク



-高校野球
-, , ,