おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

社会

コケ緑化をがっちりマンデーが紹介【9月4日】価格や使い方や会社は?

コケで緑化ができると聞くと、え~うそ~なんて思っちゃいますよね?
緑化といえば、普通は葉の生い茂る植物を思い出すと思います。

夏の日差しをさえぎるのに、ゴーヤでグリーンカーテンを作って、日差しをさえぎる緑化をやっている人もいるのでしゃないでしょうか?

でも、そういう葉をつかう植物でなく、コケで緑化を行う、コケ緑化を開発した人がいるんですね~。

そんなコケ緑化の魅力をTBSのがっちりマンデーで紹介されていましたので、すごく気になり、調査してみました。

みなさんにお役に立てると思いますので、備忘録としてご紹介したいと思います。
価格や使い方から、そのコケ商品を開発した会社も一緒にご紹介したいと思います。

題して「コケ緑化をがっちりマンデーが紹介【9月4日】価格や使い方や会社は?」です。

それでは、どうぞ!


スポンサーリンク



コケ緑化をがっちりマンデーが紹介【9月4日】

コケ緑化が、がっちりマンデー【9月4日】に紹介されました。
芸能界一のコケマニア、アンガールズ田中さんも一緒に登場でしたね。

コケ緑化ですが、屋上屋根・高速道路などの法面(のりめん)や壁などにされているのをみかけますが、そのほとんどが葉のある植物です。

でもそれをコケで行うとってもメリットがあるのだそうですね。

今回のがっちりマンデーで紹介されたコケ緑化は、スナゴケ(日向用)がメインです。
このスナゴケですが、


1)乾燥しても仮死状態になり、水を与えれば再生する。
2)土壌なしで生育するため、軽量化ができる
3)雨水のみで対応できるので、メンテナンス費用が安い

という3つのメリットがあり、それがコケ緑化をおこなうメリットになります。

40度近くになる気温や突然のスコールのような雨。
最近、こういう状況が増えましたよね。

温暖化による異常気象ではないか?ともいわれていますが、それは緑化を進めることで、ある程度はおさえられると考えられています。

今回、がっちりマンデーで紹介された、このコケ緑化がひろく知れ渡れば、温暖化現象に貢献するかもしれませんね。


スポンサーリンク



コケ緑化の価格や使い方や会社は?

コケ緑化をおこなっている会社が、がっちりマンデーで紹介されたのは株式会社モス山形さんです。

どんな会社のでしょうか?詳しくは動画を見てもらえるとわかりますので、こちらをどうぞ!

こちらのモス山形さんですが、

コケマット緑化工法、コケ板緑化工法、コケ吹付け緑化工法、コケユニット緑化工法、コケ壁面緑化など、どちらかというと、公共施設や建物、戸建住宅向けの業者用のものを多く提供しているようですが、実は、ネットショップを行っていて、そこでコケを購入することができます。

オンラインショップ こけばたけ
http://www.sonomanma.co.jp/shop/C0001858/index.html

こちらでは、

コケ入りの軽石:600~1,200円位
盆景用生コケ:1831円
コケ玉、リーフスタンド:1,620円
コケ盆栽:2,592円
3種のミニコケ盆景セット:1,296円

と購入することができます。

がっちりマンデーを見て、こけに興味を持った方は、いかがでしょうか?
コケの魅力をまずは少し感じてみるのも良いのではないでしょうか?

コケの使い道としては、屋根や法面、壁面など幅広くつかえるようですね。

住宅の壁面にコケマットを貼り付けて、壁面緑化で温度上昇を抑えたり、屋根の上にコケを敷いて、屋根熱をおさえたり、熱の侵入を防いだりと、かなり活躍しそうですね。

コケは、保水性と蒸散効果がすぐれているので、熱い太陽の熱が当たるようなところの気温上昇をおさえる効果が期待できますね。

まとめ

コケ緑化は、熱い夏の日にかなり役立ちそうです。
コケ緑化の推進で都市部などは、もしかすると温度上昇をおさえることができるかもしれません。

コケは盆栽で楽しむだけではなく、生活に取り入れることもできるんですね。
がっちりマンデー【9月4日】の情報で初めてしりました。

盆景用やリーフスタンドであれば、価格や使い方の工夫しだいで楽しめそうです

コケ緑化を一回試してみたくなりますね。

以上、
「コケ緑化をがっちりマンデーが紹介【9月4日】価格や使い方や会社は?」
についての記事でした。

最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。


スポンサーリンク



-社会
-, , , ,