おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

社会

スタティスティシャンががっちりマンデーで紹介!資格や年収が気になる

スタティスティシャンががっちりマンデーで紹介!
これってどんな職業なんでしょうかね?

そして、そのスタティスティシャンの資格や年収はどうなっているのでしょうか?

気になりますね。

ということで、2016年9月11日放送のがっちりマンデーでスタティスティシャンという聞きなれない職業の名前が紹介されました。

それを受けて、
「スタティスティシャンががっちりマンデーで紹介!資格や年収が気になる」
という見出しで記事をご紹介します!

それでは、次へどうぞ!


スポンサーリンク



スタティスティシャンががっちりマンデーで紹介されたけど職業なの?

スタティスティシャン

スタティスティシャン(statistician)とは、統計分析をおもな業務としている職業です。
まだまだ日本ではなじみがないのですが、欧米では、そういった肩書きの職業があります。
いってみれば。データを分析したり解析したりするプロの方ですね。

スタティスティシャンは統計手法を用いてデータをとったり(採取したり)、解析したり(どういうことなのか?の見当をつける)して、どうやって実験をやっていったほうが寄り良い結果が得られるかを提案したりして、企業の業務のサポートを行います。

アンケートを分析する、売上をう分析する、会社の経費を分析するとか、車のエンジンの部品を熱解析する、この木材強度を解析するとか・・・。

分析や解析は、実は企業のいろいろな分野で幅広く必要とされているんですね。
そして、これからは益々必要となる職業として日本でも広がっていくと思います。

ちなみに、分析(ぶんせき)と解析(かいせき)って言葉があるのですが、どう違うのでしょうか?

データを分析や解析をするってどういうこと?

分析は、解析に比べておおまかにデータをある分野ごとにわけて、噛み砕いていく感じです。
解析は、あるもののデータを細かくしていって、どういった要素が含まれているのかをくみとっていく感じです。

もっと簡単に言うと、分析はデータを元に、どうなっているのかを考えて、
解析は、可能な限り細かく要素にわけて、中身を把握するといった感じですね。

なので、解析のほうは、すでにそのものの要素がわかるだけのデータベースをもって完璧にすべてを把握することといったことですね。


スポンサーリンク



スタティスティシャンの資格や年収は?

スタティスティシャンは、日本ではまだまだなじみがない職業ということもあり、資格というものがありません。

しいてあげるとすれば、統計検定でしょうかね~。

統計的手法をつかった職業ですので、統計検定の合格実績があれば、分析力や解析力があるんだということの証明にはなるかもしれませんね。

それと、スタティスティシャンの年収ですが、欧米の外資系では重宝されており、年収で1,000万円以上の人もいるようです。

統計的手法も高度な専門スキルですから、それくらいの年収があってもおかしくなはないと思います。
ただ、まだフリーや専門の会社として認知されていないこともあり、企業内でスタティスティシャンとして働くというのが一般的ですので、企業の状況によって、年収もかわってくるのが実情のようですね。

がっちりマンデーで紹介された、株式会社データビークルの取締役・西内 啓(にしうちひろむ)さんですが、
この方が、日本でも最初のスタティスティシャンとして活動しているのではないかと思います。

本も出版されていて、「統計学が最強の学問である」なんてタイトルの本も結構売れています。

こういう方が活躍されると、企業でもスタティスティシャンの存在を認め、フリーでスタティスティシャンをやる方や、スタティスティシャン専門の会社が増えてきそうですね。
スタティスティシャン専門の派遣会社とかもできそうです(笑)。

まとめ

がっちりマンデーで紹介されたスタティスティシャンという職業ですが、まだまだこれから必要とされていく職業ですね。

ビックデータ時代になって新たに出てきた職業ですので、専門職として有望な将来があるような気がします。

がっちりマンデーもなかなか目の付け所が違いますね。
さすがです!

以上、
「スタティスティシャンががっちりマンデーで紹介!資格や年収が気になる」
についての記事でした。

最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。


スポンサーリンク



-社会
-, , ,