おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

社会

崩御と薨御と薨去と逝去の読み方や意味や違いとは?使い分けは?

崩御と薨御と薨去と逝去の読み方や意味や違いなんて知っていますか?
またその使い分けはどうするの?なんて思っていませんか?

速報で三笠宮さまがなくなられた。というニュースがありました。
その速報に参議院議員の和田正宗さんが、言葉の使い方の指摘をされていました。

そこで、調べてみると、なるほど!!と思わずうなずいてしまいました。

崩御と薨御と薨去と逝去の読み方や意味や違い、使い分けが明確になりましたので、漢字の難しさや、その使い方の違いなど、わからないことを調べてみましたので、ご紹介します。

それでは、どうぞ!


スポンサーリンク



崩御と薨御と薨去と逝去の読み方や意味や違いとは?

靖国神社
まずは、この先記事を読み進めていく上で、漢字が読めないとストレスを感じると思いますので、まずは、崩御と薨去と逝去の読み方をご紹介します。

「崩御」の読み方は?『ほうぎょ』と読みます。
「薨御」の読み方は?『こうぎょ』と読みます。
「薨去」の読み方は?『こうきょ』と読みます。
「逝去」の読み方は?『せいきょ』と読みます。

それでは、読み方がわかったところで、それぞれの意味をご紹介します。

崩御とは、その意味は人が亡くなることなんです。
亡くなる人が、天皇、皇后、皇太后、太皇太后の場合だと崩御という敬語を使います。

皇帝なんかにも崩御を使うらしいんですね。でも、日本の場合は天皇陛下以外には使わないって考えの人もいるようですね。

新聞なんかでも、皇太后が亡くなったときに逝去を使っていたことがあるようです。
考え方や捕らえ方が違うのかもしれませんね。

薨御とは、その意味は、皇太子や大臣が亡くなった時に使います。

天皇陛下よりは、ひとつ位が下の方に使います。

この中の大臣とありますが、大臣といっても、現在の国会における内閣ではなくて、皇族の中の大臣のことです。

薨去とは、その意味は人が亡くなることなんです。

皇太子妃、親王、親王妃の場合に使います。
薨御を使うクラスよりひとつ下の位の方に使います。

逝去とは、その意味は人が亡くなることなんです。

死ぬという言葉の尊敬語で、亡くなった方を敬う言い方だと逝去になるんですね。

逝去を間違って使わないよう注意しましょう。
母が逝去いたしました。など身内に尊敬語は使いません。

逝去は尊敬語ですから、例えば、「母が逝去いたしました。」はおかしいですね。
身内に尊敬語はつかいませんよ。

会社員などで、社外に弊社の社長が逝去いたしまして。なんていうのも社内の身内ですから、使い方が間違っていますから、気をつけましょう!

要は、逝去という言葉は尊敬語なので、基本的に身内ではない人が亡くなった時に使いましょう!


スポンサーリンク



三笠宮さまが亡くなられて崩御と薨御と薨去と逝去の使い分けは?

三笠宮さまが亡くなられて、はたしてどの言葉を使ったらよいのでしょうか?

ここで、和田正宗参議院議員のツイッターを引用します!

このツイッターの中で正確に言葉を使っていらっしゃる。
さすが元アナウンサーの方だけありますね。

さて、先の記述の中で、崩御と薨御と薨去と逝去の意味は、人が死ぬことと書きましたが、同じ意味の言葉が、なんでこんなにあるのでしょうか?

そして、その使い分けは、どうなるのでしょうか?

実は、簡単で、それぞれの言葉は人の死のときに使うものなのですが、相手によって使い方を変えるために、このように同じ言葉があるのですね。

崩御、薨御、薨去をどの人に使うかは人それぞれなのですが、いわゆる国民に対してではなく、皇族に対して使う敬語なんです。

そして、逝去なんですが、これは一般的に敬語として使う言葉なんです。

ということで、崩御、薨御、薨去、そして逝去ですが、意味は同じ意味なのですが、使う相手によって使い分けるのが正解ということなんですね。

一般的に暮らしの中では、亡くなった、死亡した、そして逝去という言葉だけが良く使われると思いますが、皇族に関しては、崩御、薨御、薨去と使い分けがあるんですね。

使う相手によって使い分ける尊敬語が、崩御、薨御、薨去、そして逝去でした。

以上、
「崩御と薨御と薨去と逝去の読み方や意味や違いとは?使い分けは?」
についての記事でした。

最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。


スポンサーリンク



-社会
-, , ,