おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

おじさんヒマなので、いっしょに日本の話題を読みませんか?

エンタメ

葦原大介の持病はどんな病気?ワールドトリガー休載の理由と再開は?

ワールドトリガーってどういう意味?

直訳すると、世界のきっかけ ってことでしょうかね?

正直にいうと、この葦原大介さんも、ワールドトリガーという漫画もしらなかったんですが、この漫画、異世界からの侵略者・ネイバーと防衛組織・ボーダーの戦いを描くSFアクションなんですね。

やっぱり戦うアクションものってちょっと興味が惹かれます。

そのワールドトリガーが休載ってことで、どうなっているのか?
作者の葦原大介さんの持病や病気のことなど、ツイッターで話題でした。

私も便乗して調べてみました。


スポンサーリンク



葦原大介の持病はどんな病気?

ワールドトリガー
出典:ワールドトリガー公式ツイッター

週刊少年ジャンプに連載されているワールドトリガーですが、突然の休載になりましたね。 ワールドトリガーはちょくちょくと休載になることが多いようですが・・・。

これを知ったのがニュースでした。
こんなニュースなんです。

『ワールドトリガー』は今号掲載予定でしたが、葦原先生の体調不良により、今号も休載、次号以降もしばらく休載いたします。

出典:ヤフーニュース、まんたんウェブ

ちなみに、ワールドトリガー公式ツイッターでは、

ということで、作者である葦原大介さんの体調不良によるものらしいですね。
体調不良といっても、葦原大介さんの具合はどうなのかは、この記事ではわかりません。

葦原大介さんの話題を探っていると、どうやら持病があるらしいですね。
どんな病気なのか気になったので、さらに探ってみました。

葦原大介さんの持病は、頚椎症性神経根症という病気であるということです。
この病気の治療中で、休載が続く事があるそうなんですね。

頚椎症性神経根症は、腕や手のしびれ・痛みがでる病気で、
うがいをする事すらままならない病気だそうで、けっこう深刻ですよね。

葦原大介さんは、漫画家ですから、漫画を描くときやストーリーを考えているときには、やっぱり机で座って書くでしょう。

だから、腕や手のしびれ・痛みがでる病気の頚椎症性神経根症は、漫画家にとって、仕事ができなくなる病気ですよね。

そりゃーワールドトリガーが休載になりますよ。

だって漫画が書けないんですから。


スポンサーリンク



ワールドトリガー休載から再開はいつ?

葦原大介さんの持病である病気はわかりましたが、ワールドトリガーが休載から再開するのはいつになるのでしょうか?

先ほどの、ワールドトリガー公式ツイッターを再度、みてみましょう!

こちらに、はっきりと「今後の再開は現時点では未定です。」とつぶやいていますね。
ということは、本当に未定になんですね。

でも、再開が待ち遠しいですよね。

そこで、調べてみました!

実は、葦原大介さんと同じ頚椎症性神経根症を治療していた有名人がいるんですよ!
その方たちは、どれくらいの治療で回復したのでしょうか?

ロックバンド「THE BOOM」のボーカル・宮沢和史さんや、2011年7月初旬には、皇后陛下も頚椎症性神経根症になって治療をしていました。

宮沢和史さん手術が困難なため、自然治療にて治療しましたが、およそ4ヶ月
皇后陛下は症状が初期のために、およそ2週間

ということで、これだけをみると、2週間から4ヶ月と、人によってそれぞれの治療期間が必要なようですね。

こういったことから、ワールドトリガーが休載から再開するのは、短くても2週間以上になり、長ければ4ヶ月、そして、葦原大介さんの症状にもよるみたいですが
もっとながければ4ヶ月以上の休載になり、再開は、それ以降になると予想できますね。

いまから4ヶ月先というと、4月になりますが、4月に書き始まると、5月の連載再開くらいが予想できますね。

ということで、ワールドトリガー休載から再開は、5月以降になるのではないでしょうか?

ワールドトリガーのファンの皆さんには、長い休載になるかもしれません。
楽しみにしていた人もいると思うのですが、とりあえず葦原大介さんの早い回復を願っておきたいですね。

以上、
「葦原大介の持病はどんな病気?ワールドトリガー休載の理由と再開は?」
についての記事でした。

最後まで、お読み頂きましてありがとうございました。


スポンサーリンク



-エンタメ
-, , , , ,